天使のパウダーで便秘は治る?

天使のパウダーが便秘に効果を示すかどうかの要となるのが植物性ナノ型乳酸菌SNKが4.5兆個含まれていること。

 

そして、この植物性ナノ型乳酸菌SNの働きをさらに強力化するビフィズス菌が3000億個配合されています。

 

ビフィズス菌の働きとは?

ビフィズス菌は乳酸菌とは異なる菌で、腸内環境を占める善玉菌の99%以上がビフィズス菌です。その数は実に乳酸菌の1000倍以上!!つまり、乳酸菌よりもビフィズス菌のほうが腸内環境に与える影響が大きい、ということなんです。

 

ビフィズス菌は乳酸菌と同じように乳酸を生成する他に、酢酸も生成する働きがあります。この酢酸は強い殺菌力があり、悪玉菌が増殖するのを防ぐ働きがあります。

 

つまり、より便秘体質で悩んでいる人は乳酸菌を飲むよりもビフィズス菌を飲むほうが大事!と言えるんです。

 

ナノ化されることで吸収される数がUP

植物性ナノ型乳酸菌SNKはその名の通り「ナノ化」されているので他の乳酸菌サプリが行き届かなった場所まで入り込み、小さくなったからこそ腸内の奥底で吸収される数が増えます。

 

今まで他の乳酸菌サプリを飲んでいたけど効き目がなかったなんてことはありませんか?その場合、乳酸菌の数はたくさんあるけれど、しっかりと腸内に吸収されていなかった可能性もあります。

 

化粧品でも表面だけが潤うのと、肌の億に浸透して成分が肌を潤わせてくれるのでは肌のモチモチ感に違いが出ますよね。

 

天使のパウダーは乳酸菌が奥底まで届くおかげでアットコスメの口コミでも「少しづつ便秘が解消されている「ガスが溜らなくなった」などの口コミが寄せられています。

 

もちろん自分の
「腸内環境の善玉菌と悪玉菌のバランス」
「普段の生活環境」
「食生活」

 

によってその効果には差が出ますが、天使のパウダーに含まれている乳酸菌が腸内に働きかけるので、

 

下剤はもう辞めたい

 

腹痛を伴う便秘解消はもう嫌だ

 

病院に行くのは恥ずかしい…

 

といった方は美味しくて月1,980円で試せる天使のパウダーを試してみる価値ありです。