ダイエットのための腸内環境をよくするためには

腸の役割は、消化・吸収、免疫、代謝・内分泌など、とても多岐にわたっていて、体の中でも「第二の脳」と呼ばれるほど重要な器官です。

 

腸は環境の変化に応じて、ホルモンなどの伝達物質でコントロールし、腸内環境を維持しています。

 

様々なダイエット法がありますが、まずはこの腸内環境をより良くすることがとても重要になります。

 

痩せるための腸内環境作りに必要なことは、腸内細菌のバランスを保つことなのですが、腸内細菌には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という、三種類の細菌が存在しています。

 

善玉菌には、乳酸菌・ビフィズス菌などがあり、消化吸収を促進します。また、免疫力を高めたり、病原菌による感染を防御する役割もあります。

 

悪玉菌には、大腸菌・ウェルシュ菌などがあり、有害物質を生み出し排泄のリズムを乱し、体の抵抗力を乱します。

 

日和見菌は、食べ物や体調によって、善玉菌側にも悪玉菌側にも、強い方につく菌です。実は、この日和見菌は腸内の菌の半分以上を占めています。

 

善玉菌を増やし、日和見菌を善玉菌側につける方法は、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維を摂取すること、高脂肪食を控えめにすること、ストレスをためないことです。

 

悪玉菌は、悪い作用しかないようですが、悪玉菌がいるから、善玉菌がより良い作用を有するのです。

 

重要なのは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスです。この三種類の腸内細菌のバランスを程よく保つことは、理想の体型に近づくための第一歩になります。